優れた欧文書体 21Fonts

このページは約3分で読み終わります

後で読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見る人を虜にするフォントの魅力

世界で最も愛用されているとされるサンセリフ体のHelveticaフォントは1957年にスイスで誕生し、誕生61周年。
「ヘルベチカ 〜世界を魅了する書体〜」として映画やDVDにもなり、原宿のラフォーレにおいて企画展も催されました。
それに伴い特設サイト「Helvetica project」もあります。
フォントのドラマを考えると、フォント一つでも感慨深いものに感じてきます。

プロデザイナーが多用する21種のフォント

フォントの色や大きさでももちろんイメージが大きく変わりますが、それ以前にセリフ体、サンセリフ体、スクリプト体などの書体、更に分解すると、フォントそのものの質も問われるわけです。

国内で知名度の低いフォントもいくつかあるようですので、押さえておくと為になるかも。

海外で行われたアンケート実施からみえたWebデザイナーが最も多用する21種のフォントを簡単な説明を交えて掲載してみます。(元記事)

Helvetica

Helvetica(ヘルベチカ)は1957年にスイスのMax Miedingerによって作られたサンセリフ書体。1983年に改訂版であるNeue Helveticaが作られ、51ウェイトのファミリーが形成される。JR東日本の駅名標の英字部分などに使われている。

Univers

Univers(ユニバース)もHelveticaと時を同じくして、1957年にスイスでAdrian Frutigerによって作られたラテン文字のサンセリフ書体。ヘルベチカほどではないにしても、多くのシチュエーションで利用されている書体。

Frutiger

Frutiger(フルティガー)はパリの空港に使う標識案内看板のために1975年にUniversと同じAdrian Frutigerによって開発されたサンセリフ書体。Universより有機的なのが特徴。

Optima

Optima(オプティマ)は1950年、ドイツのHermann Zapfによって作られたローマ字のサンセリフ書体。縦線と横線の太さが異なり、縦線のほうが太いといった特徴を持ち、エレガントさとシンプルさを兼ね備えたフォント。

Avenir

Avenir(アヴニール)は1976年にAdrian Frutigerによって作られたサンセリフ書体。幾何学的な雰囲気と可読性との両方を兼ね備えてた書体。

Gill Sans

Gill Sans(ギル・サン)は1927-30年にEric Gillによって作られたサンセリフ書体。Gill Sansは見出し・本文ともに適するように作られ、現在ではBBC、AMD、フィリップスなどが使用している。モデルとなったのは古代ローマの碑文体など。

Trade Gothic

Trade Gothicは1948年にJackson Burkeによって作られたサンセリフ書体。広告や見出しなどに使われる書体。

Franklin Gothic Std

Franklin Gothic Stdは1902年にMorris Fuller Bentonによって作られたサンセリフ書体。少ないスペースに文字を詰め込まなければならない新聞の見出し,広告などに利用される。

Gotham

Gotham(ゴッサム)は2000年にニューヨークのデザイナーTobias Frere-Jonesによって作られたサンセリフ書体。 米大統領選オバマ氏のPRにも用いられた書体。

Meta

Meta(メタ)はErik Spiekermannによって作られたヒューマニストサンセリフ書体。元々は1986年にドイツの連邦政府の活字面用に作られたものの使われず、1989年以降MacのソフトウェアFontographerで採用され注目を集めたフォント。

Eurostile

Eurostileは1962年にイタリアのAldo Novareseによって作られたジオメタリックサンセリフ書体。”角丸”なデザインで,メカニカルな雰囲気を特徴とするフォント。

Interstate

Interstate(インターステート)は1993-1994年にTobias Frere-Jonesによって作られたサンセリフ書体。高速道路局の標識のフォントとして使われている。

Rockwell

Rockwell(ロックウェル)は1934年にMonotypeの社内で開発されたスラブセリフ体。1990年代にギネスで公式に使われたフォント。

Bembo

Bembo(ベンボ)は1496年、Francesco Griffoによって使われた古いスタイルセリフに与えられた名前で、1929年にMonotype社用にStanley Morisonが再設計をしたフォント。

Bodoni

Bodoni(ボドニ)は1798年、Giambattista Bodoniによって作られたラテン文字のセリフ体書体。広告デザインなどに人気が高い書体の一つ。画の太さを均一に保ち、幾何学的に構成されているのが特徴

Kepler

Kepler(ケプラー)

Warnock

Warnock(ワーノック)はAdobeの創業者のひとりJohn Warnockの名前からつけられている。古典的な雰囲気と,現代的な雰囲気を特徴とする。

Bickham Script

Bickham ScriptはRichard Liptonによって作られたフォーマルレタリング書体。リリースは1997年。

Trajan

Trajan(トレイジャン)はCarol Twomblyによって作られたセリフ体。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で